忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


2017/05/30 02:01 |
東単付近

 

前回 mh19981999.blog.shinobi.jp/Category/2/ の続き。

 

東単の一角を占める、協和病院。ここはロックフェラー財団によってつくられたそうですが、今でも北京でもっとも優秀なお医者さま方がいらっしゃる病院のひとつだとか。

20世紀初頭、病院とともに作られた、職員の宿舎の入口がここIMG_5217.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

残念ながら「機関宿舎 謝絶参観」の文字が・・・中は、かなり整備されてそうなんだけど、門から覗くことしかできません。

IMG_4986.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

東単北大街から見ると、こんなアーリーアメリカン風の建築物が並んでます。チムニーポットもあったりして、かなりきれい、しかも今も使われてそう。 参観したいなー。

 

そしてこの宿舎の向かいにあるのが

IMG_4988.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これまた、なんか由緒ありげじゃなーい?っていう建築物で、こちらは「中華経済会 旧跡」というプレートが。

IMG_5224.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

横に回るとこんな感じ。

いまも、キリスト教関係の機関の事務所になっているようです。病院の関連の教会なのかしらね。うん、かもねー。だいたいあっちの人は教会とセットでやってくるもんだし(独断と偏見)

 

さて、そこからもう少し北上しまして、「外交部街」に入ります。

IMG_5223.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これまた、立派な門。

実はここは、1908年、ドイツ国王を迎えるために作られた迎賓館のあとなのです。かの袁世凱もここで執務していたのだとか。中華民国になってからは外交部が置かれたため、この胡同には「外交部街」の名前がついています。

IMG_5221.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今残っているのは 門のみ。うしろはアパートになっています。

威風堂々の門が、ちょっと寂しげに見えちゃいますねー。

 

拍手[2回]

PR

2010/04/11 19:03 | Comments(0) | TrackBack(0) | 北京・そぞろ歩き

トラックバック

トラックバックURL:

コメント

コメントを投稿する






Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 (絵文字)



<<じゃおず | HOME | カタカタ>>
忍者ブログ[PR]