忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


2017/09/22 02:40 |
みんな私が悪いのよ

fc2 からこちらに越して、まだ一月足らず・・・なのですが、、どうにもこうにも、私の普段使いのブラウザと相性が悪いようなので

http://blog.goo.ne.jp/oct1010hk

こちらに引っ越すことにしました。

 

忍者がわるいんじゃないの、ワタシがついていけないだけなの、許してたも。アップしてから、何度も何度も修正入れる生活に、疲れてしまったワタクシ、あーあ。

というわけで、申し訳ありませんが、お友達のみなさま、以後、gooでの、「ままふふ生活」をどうぞよろしくお願いいたします<ひたすら平身低頭

拍手[0回]

PR

2010/05/21 22:23 | Comments(0) | TrackBack(0) | お知らせ・ご挨拶
北京植物園

 IMG_5440.JPG

五環路の西側に 香山 という北京市民がハイキングにいく山があります。その近くにあるのが北京植物園。地下鉄とバスを乗り継いで、行ってきました。

IMG_5463.JPGIMG_5438.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

入口から想像すると、人の手の入りまくった公園・・・??

中は広い。広かったです。チューリップ畑はどこ?牡丹園は?

 

なんて歩き回ってしまいました。この日は花曇り。気温も20度を少し超えた程度で、お散歩には良かったんですが、太陽の位置がわからんの、困ったわー方角がわかんなくて<またこれかい(笑)

IMG_5441.JPGIMG_5439.JPG

 

 

 

 

 

 

 

IMG_5459.JPGIMG_5461.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

チューリップは、すでに花を全部切られてしまっていて残念でしたが、牡丹の身頃はぎりぎり間に合ったかなというところ。

行きのバスはぎゅうぎゅう。なんでお休みの日までこんなに人にまみれてるんだ自分、ってまで思ったんだけど、植物園についたら、広さに人もばらけてしまい、気持ちよく歩けましたよ。

次は秋に行きたいかな。

 

拍手[0回]


2010/05/20 22:45 | Comments(0) | TrackBack(0) | 北京・そぞろ歩き
つけるくすり

 外に出るともわ~~っとした空気。あー、いよいよ来たか。これからながーい夏が始まるんだなー(憂)

 

暑さのせい、ってわけではないのですが、カラダが重い。むくんでます。デブってるだけじゃないわ、これは確かに浮腫みだわ、ええ。

 

そこで、つらつら原因を考えますに・・・

 

その1. 本日は近所の四川料理のお店で晩御飯。この界隈にしてはお手ごろなお値段で、味もそこそこ。さて、二人で行くと品数に迷います。3つじゃ寂しいが4皿じゃ多い。

本日は4品。完食。ビールはピッチャーでどーんと行っちゃった。しっかり味の濃い料理を食べた後は、どうしても甘いものが欲しくなってしまうのがワタクシの悪いくせなんだけど、こちらも完食。食べたあとで、お世話になるのは大田胃散。

 

その2. いったん始めるとやめられないのはわかってる。けど、やっぱり始めちゃった某アプリ。結果どっぷりはまってます。どんだけパソの前にいるんだ、ワタクシ。

 

その3. やめられない止まらないのは、アプリのみならず読書も同じ。「中原の虹」読み始めました。あかんなーこれは。こちらもすっぽりはまってしまってます。だって、知ってる地名がわんさか出て来るんだもん。単行本4冊。一気読みするのがもったいない。

 

以上、ワタクシめの考えます むくみの原因三つ。いかがでしょーか。

なんだか、たちの悪い風邪も流行ってるようだし、抵抗力の薄いおばちゃんに必要なのは良質の睡眠と、控えめな食生活だよ。若くも無いのに、睡眠時間削っちゃいけません。わかってんなら、なんとかしなさいよ>ワタクシ。ほんと、<バカにつける薬は無い>とは よく言ったもので・・・って自覚だけは一人前なのね.

 

 

 

ため息つきつつ、本日の一枚なんぞ。

IMG_5355.JPG

四合院の門は、なかなかに興味深いものが多いのです。門を見るだけで、その家の格がわかっちゃうし。

これは「垂花門」という形で、もともとは道路に面したところにある大門ではないはずのもの。この頃は、華やかな形を利用して、表の道路に面して使われることも多いらしいですが。

これは公衆トイレに変身しちゃってました。

 

拍手[1回]


2010/05/20 01:07 | Comments(0) | TrackBack(0) | 未選択
きけるけどきけない

☆二胡のレッスン

手は相変わらず動かないけど、なにせ、到達レベルの設定が低いから、先へ進んじゃうので、下手なりに楽しい。これが将来のある子どものお稽古だったら、もっと基礎基礎基礎~ってなるんだろうけどね。おばちゃんは、楽しく弾ければいいのだ。そうなのだ。

 

☆セキュリティー強化

いきなり、公寓のセキュリティーが強化されました。エレベーターも住居人カードがなければ動かせなくなっちゃった。家の玄関のカードとは別だし、いつも携帯しないといけないし、めんどいのだわ。

居民はそれでもいいけど、デリバリーはどうなっちゃうんだろ?明日お肉を頼んだのに。

 

☆デリバリー

香港より便利だと思うのはデリバリー。日本語で頼めるデリバリーが沢山あるのです。しかもデリバリー料金は、まず無いし。お肉だって日常生活品だってお弁当だって頼めちゃう。私は頼んだこと無いけど、マッサージだって家まで来てくれるそうな。すごいね。

 

☆進んでる

進む=進歩 ではないのです。確実に進んでるなーと日々実感してるのが、老眼。今使ってるコンタクトがそろそろ合わなくなってきた。

二胡の教本の細かい符号が読みづらいのよー(涙)

 

☆1・2・3

二胡の楽譜は ドレミではなくって数字です。1がド 2がレ 数字の上に「・」があれば、一オクターブ上とか、 ○は外弦 ×は 内弦 とか、いろいろ細かいのだ。マジ、この目には辛くなってきてるのだ。

しかも、私は近眼も乱視もひどいので、遠くならはっきり見えるってことは絶対にないのだぁー(威張ることじゃないんだけどさ)

 

☆きけない

やる気のなさも相まって、一向に進歩しない中国語。ふひー。

今使ってる教科書がそろそろ終わろうかってのに、ぜーんぜん進歩してない。道は尋ねられるけど、相手の答えがわからない。質問できるけど、答えがわかんない。つまり「聞けるけど、聞けない」でした、ちゃんちゃん。

 

本日の一枚

IMG_5432.JPG

北京鉄道博物館。 かつては正陽門東車站と言われ、北京の中心駅であったそうですが、今は正陽門の西側にある北京駅で、線路がカットバックされたので、博物館になっているそうな。

これとは別に中国鉄道博物館ってのが郊外にあるらしいのです。激しく行きたいと願う、隠れテツコなワタクシ。誰かご一緒しませんか~?

 

拍手[2回]


2010/05/19 00:20 | Comments(0) | TrackBack(0) | 北京・独り言
瑠璃廠から前門へ

IMG_5428.JPG

宣武門の南堂からは、お天気もよかったので、瑠璃廠へ行ってみることに。

 

瑠璃廠は、その昔瑠璃瓦を焼く工場街だったのだそうですが、それがいつの間にか文人墨客の集まる場所となり、200年ほど前には、すでに今のような骨董や筆、印鑑などを扱う店が軒を並べるようになったとか。

今では観光客でにぎわう通りの一つ、となっています。道の両わきには、外国人の考えるチューカチックな店が並び、いかにもいかにもな骨董やら、お茶やらのお店がずらり。日本人のお客さんも多いのでしょうね。あちこちで日本語で声をかけられました。うちら、買う気もお金もないんですけど・・・(笑)

 

IMG_5429.JPG

 

 上の写真が 瑠璃廠西街 こちらは東街 どちらも似たような感じだったんだけど、お店の種類は違うのかな?前門へ抜けたかったので、この日は東街しか行きませんでした。

そのうち印鑑でもつくりたいな、とは思ってるんだけど、まずは相場を知らないとね。この通りのお茶屋さんに入ってみたけど、市場の3倍くらいの値段だったから、やっぱりこの通りはなんでも高いんだと思うの。

この道のあと、くねくねと曲がる鼓同に入り込んでしまいました。

方向音痴の面目躍如<威張れることではない

なんとか抜けましたけどね。お日様が無かったら、迷うとこだったよ、あぶねー

(太陽で方角を知るのだ<原始人的発想ですが、なにか?)

 

半年ぶりくらいの前門。

置物だとばかり思っていた電車が動いていてびっくりー。観光客もさらに増えてるし。

IMG_5430.JPGIMG_5431.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

正陽門と箭門。やっぱりでかい。

というわけで、この日もてくてくとかなーり歩きました、まる。

 

拍手[2回]


2010/05/17 21:52 | Comments(0) | TrackBack(0) | 北京・そぞろ歩き

| HOME | 次のページ>>
忍者ブログ[PR]